手張り革小札


手順@

手順@

本革を一枚一枚短冊状に裁断し、型を整えていきます。

手順A

手順A

手順@で作られた革の小札を一枚一枚重ね合わせ小札板を作ります。

手順B

手順B

一領の鎧にこれだけの革小札を使用します。

一般市販品の金属が素材ですと、ここまでの仕事量はプレス機一回の打ち抜きで済んでしまいます。

手順C

手順C

手順Bの革小札に下地塗りを施し、金箔押しや漆塗りをします。

一般市販品の金属が素材ですと、電解メッキのみで済んでしまいます。

手順D

手順D

革小札を作るここまでの行程でも、プレス・メッキの金属製に比べ数百倍の仕事量となります。

一般市販品・金属小札の仕事量は、プレス機による打ち抜きとメッキだけで済んでしまい、手仕事による作業行程はほとんどありません。


市川光玉人形工房|雛人形・五月人形

〒 300-1216茨城県牛久市神谷5-8-3

TEL 029-874-3252 FAX 029-874-3988